うつ病には種類がある|基礎知識を覚えておこう

うつ病の種類と治療

男性

代表的病名と薬物療法の概要

うつ病は現代病の一つともいえるほど、世間に浸透している病気です。大きく種類を分けると大うつ病性障害と双極性障害の二つに分けることが出来ます。大うつ病性障害は、うつ状態が継続して続くのに対し、双極性障害はうつ状態とうつ状態とは対極な躁状態を繰り返します。躁状態の時には、テンションが高くて、元気に見えることから、本人でさえもうつ病を発症している自覚がないことも珍しくありません。また、うつ病はそれ以外にも種類があります。気分変調性障害や非定型・仮面・退行期・微笑みうつなど、様々なうつ病があります。さらに、一定の時期限定で症状が発症する季節性うつや産後うつなどもあるのです。なので、医師による診断を受けないと発症している病名を把握することが難しいのです。また、診断や治療を受けずに放置していると精神面だけでなく、体調面にも影響を及ぼします。体調面に著しく現れる症状そして挙げられるのが、睡眠障害です。睡眠時間が極端に短くなり、更に体調を壊してしまいます。睡眠が十分にとれないことで免疫力も下がりますし、やる気もさらに喪失してしまうのです。この睡眠障害があらわれたことよって、うつ病ではないのかと自覚して、医療機関を受診するというひとも多くいます。その場合、抗うつ剤だけでなく睡眠導入剤も処方されることがほとんどです。これらの薬が処方された場合には、医師の指導の下、正しく服用しましょう。気分が晴れない、眠れないと言った理由などで指定された量以上の薬を服用しないようにしましょう。誤った服薬方法では症状を悪化させたり、また、副作用が発症したりすることもあるのです。また、薬を使用した薬物治療と並行して精神療法を行なう場合がほとんどです。医師や専門カウンセラーと話をして、不安に感じていることやストレスに感じていることに対しての考え方を変えていく治療方法です。精神療法を行なうことで、症状の再発予防にもなります。しかし、信頼できる医師や専門カウンセラーの元で治療を受けないと治療の効果を感じることが難しくなるので注意しましょう。また、それ以外にもいくつかの種類の治療法があります。症状や進行状況によって治療の種類は異なります。

Back to Top