うつ病には種類がある|基礎知識を覚えておこう

新型うつ病を理解しよう

医者

単なる我ままだと思われることも多い

新型うつ病や現代型うつ病と呼ばれる種類のうつ病が、近年若者たちの間で増えています。これらの病名は正式な診断名ではなく、俗に言われている病名です。典型的なタイプではなく、新しい種類ということでこのように呼ばれています。医学的に言うと非定型型うつ病と言う方が妥当かもしれません。若い女性に多いのですが、新しい種類のうつ病である新型うつ病には様々な特徴があります。どのような特徴があるかを知っていると理解しやすいでしょう。まず、感情がジェットコースターのように上がり下がりするということが大きな特徴です。突然抑うつ気分が現れて、急に泣き出したりします。患者さんは「急にわけもなく涙があふれ出た」などとよく言います。そうかと思うと周りに当たり散らすこともあるので、周りの人たちは困惑してしまいます。女性の場合は、月経前症候群と思われることも少なくありません。些細なことに傷つく、という特徴もあります。この病気の人は、常に自分が周りの人たちにどう思われているかを気にします。褒めたつもりでもネガティブに受け止めて、皮肉を言われたと思うことも多いです。そして、その時に攻撃性を示すこともあります。ちょっと冗談半分で言ったことに過敏に反応して「もうこんなバイトは辞める」などと言い出すことも多々あります。本当に会社を退職するというケースも、珍しくありません。好きなことはできるが嫌なことはできないというのも、この病気の特徴です。我ままや気まぐれのように感じますが、気持ちがうまくコントロールできずにそういう結果になってしまうのです。授業は体調が悪いとか言って欠席するくせに飲み会には元気に参加して、そして友達の些細な冗談に怒って途中で帰ってしまう、などということもよくある話です。自分を責めるよりも人を責める傾向があります。自責傾向も見られますが、言葉の端々に自分に対して批判的な人への不平不満がにじみ出ます。自分のミスに対して、悪いのは自分ではないということを主張することも多いです。体調が悪い時は、鉛のように体が重いなどと言い、強い疲労感を訴えるのも特徴的です。しかし、午前中はこのように言っていても、夕方飲み会に誘われると参加したりします。このように新しい種類のうつ病である新型うつ病の特徴をあげていくと、「単なる我儘じゃないの」と、理解しがたい部分もあるでしょう。しかし、このような病気だと知ることで一歩でも理解を深めたいものです。

Back to Top