うつ病には種類がある|基礎知識を覚えておこう

うつ病の治療薬

医者

うつ病に対する薬と安全性

うつ病は心の病気とされていますが、正確に言うと脳の病気です。うつ病は、脳の中の神経の伝達がうまくいかなくなります。この神経伝達物質の中にセロトニンとノルアドレナリンと言ったものがあり、この量が減ったりすると意欲の減退や、気分の落ち込みが起こります。うつ病にはそういった症状を抑えるために様々な種類の薬を使われます。まずうつ病に使用する薬の種類と効能についてご紹介します。抗うつ剤抗は、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質を整えます。ドーパミンとは興味や楽しみの減退を抑えます。処方することによって、活動力を高めることができます。副作用の少ないSSRIやSNRIが第一選択肢としてあげられます。気分安定薬(精神安定剤)は、名前の通り精神を安定させるために使用します。抗うつ薬と違い即効性が高く、作用も短時間型のものがあるので、頓服としての使用が多いです。依存性があるので、使用は慎重に行いますが、用法用量を守れば効果が実感でき、眠気の副作用がありますが、これをうまく使い、不眠の治療などにも使われます。睡眠導入薬(睡眠薬)は、名前の通り、不眠の症状を改善するために使われます。脳の機能を低下させるベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系や、最近では自然な眠気を起こすメラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬があります。前者はしっかりとした効果が期待でき、後者はとても安全性が高いので前者で効かなかった場合は、こちらの種類が選択肢です。薬はどんどんと進化していて、しっかりとした受診が行われれば、かなりピンポイントに薬が処方されます。薬というのはどれも副作用がありますが、その副作用をうまく使い、薬の種類や量を少なくすることができます。また漢方薬という選択肢もあります。柴胡加竜骨牡蛎湯や半夏厚朴湯など、ストレスや不眠に生薬の力で穏やかに治していったり、補中益気湯や六君子湯で体力をサポートし、体を動かせる状態にして治療を行ったりします。現在ではカウンセリングや、デイケアなど精神疾患に対して、薬だけではなく会話や運動で治療したりしています。病院で診察を受けた際、しっかりと主治医と話して、少しずつ改善していくことができます。

Back to Top