うつ病には種類がある|基礎知識を覚えておこう

医師との相性が大切

女性

うつ病は、その種類によって特性や治療方法は異なります。うつ病は様々な症状を引き起こす危険な病気なので、医師の経歴や相性から信頼できるクリニックを選んで、早期回復を目指しましょう。

Read More

うつ病を知ろう

女の人

本人の苦しさを理解する

日本でうつ病と診断されたり、疑いがある人の割合は10人に1人にもなっています。町を歩いていてすれ違う人の中で1人や2人はうつ状態であると言っても過言ではありません。そんなうつ病は現代社会の多様化と比例していろいろな種類のうつ病がみられるようになりました。特に最近増えていく傾向にあるのが否定型うつ病と呼ばれる種類です。非定型うつ病には新型うつ病や逃避型うつ病のほかにも数多くの種類があり、これから更にその種類は増加すると言われています。これらがどうして従来のものと別の種類に分類されているのかというと、非定型うつ病の患者さんを見ていくと従来の人とは異なった性格の人が多いためです。従来の患者さんはどちらかといえば生真面目で責任感が強く、会社でも重要なポストに就いている人が多かったのですが、非定型うつ病の患者さんは全く逆の性格です。責任感がある役職にはどちらかというと就きたがらない人が多いですし、従来の患者さんは何かトラブルがあると全て自分の責任と感じ、自責の念が強かったのですが、それとは全く逆でトラブルがあると相手のせいにして責める傾向にあります。また、病気であることは従来の患者さんはなるべく隠したがるのですが、非定型の患者さんの場合は隠したりせず、むしろ周りに自分がこころの病気であることをアピールします。更に感情の波もとても激しいです。仕事など自分が嫌なことに関してはとても憂鬱な気分になるのですが、趣味など自分が好きなものとなると感情は一気に高まり、興味を示すようになります。これも従来の患者さんとは明らかに違う点です。従来の患者さんは常に感情がネガティブであり、自分の好きなものに対してMお全く興味を示さなくなります。このように今までのタイプとは違って、自分が都合の良いときには感情が高ぶって活動的になり、逆に自分が嫌なことに対しては身体が鉛のようになって動かなくなることもあって、余計にほかの人からみるとさぼっているように見え、なかなか理解されないことが多いです。しかしながら立派なこころの病気であるため、周りがきちんと理解して治療に協力しなければいけません。

新型うつ病を理解しよう

医者

最近よく、新型うつ病と言葉を耳にします。どのような種類のうつ病なのでしょうか。普段は憂鬱で何もやる気になれないのに、楽しいことに対しては明るい気分で参加できます。一見我儘に見えますが、このような病気もあるのだと理解したいものです。

Read More

うつ病の2つの種類とは

病院

うつ病は、抑うつ状態だけが起こる大うつ病性障害と抑うつ状態と躁状態とが交互に起こる双極性障害の2種類に分けることができます。どの種類に属しているのかを理解することは治療をすすめていく上でも重要です。

Read More

うつ病の治療薬

医者

うつ病は昔に比べて発症する人が多くなっており、またうつ病にも種類が存在するので予め知っておくと良いでしょう。うつ病の種類により、服用する薬も異なるので正確な判断をくだしてくれる病院で治療することが大事です。

Read More

うつ病の種類と治療

男性

うつ病には様々な種類があり、狭い意味では大うつ病性障害に相当するものを指します。一方、広い意味では抑うつ症状が前景にたっている様々な精神的障害が含められます。治療は薬物療法と休養が基本的内容になり、ストレスの少ない環境で行われます。

Read More

Back to Top